借金

多重ローンで悩んでいる時には、オマトメローンがおすすめ

更新日:

ローンをまとめるためには、全てのローンを借り換えて、一本化して返していくための救済措置である。ということをしっかりと意識して、たとえギリギリの生活になろうとも、金利の安いところを探して一本化することを考えてみてください。

カードローンは、2010年に改正貸金業法が施工されてから、総量規制が行われるようになってきました。

総量規制とは?

総量規制の法案自体は2006年の12月に成立自体はしていたのですが、消費者金融のシステム対応が追いつかなく、消費者への影響の大きさから段階的に施工されてきましたが、2010年6月に規定の全てが施工されました。

クレジットカードを使用した借り入れ(キャッシング)は、年収の1/3が限度になり、カードローンやキャッシングと言われるものに適用されてしまいます。

しかしあくまでも現金の借り入れの話であって、ショッピングローン(クレジットカードでの支払)に関しては規制対象外であり、クレジットカードの現金化が闇で行われてしまうようになりました。いずれショッピング枠の方も規制対象になるのでしょうが、まだ先の話でしょう。

総量規制の対象

総量規制自体は、あくまでも貸金業者、いわゆる街金や消費者金融といわれる貸金業者からの借入れのみを対象としているので、銀行からの借入れは貸金業法の総量規制の対象外です。

貸金業法では、年収の3分の1を超える債務を規制しているのですが、カードローンと言われる借入れとクレジットカードでのキャッシングを合わせて年収の3分の1を超える借入れがあっても、直ちに総量規制に抵触するわけではなく、クレジットカードのキャッシング部分にのみかかってくるので、キャッシングをまとめようと思ったら、銀行のカードローン(無担保型のフリーローン)を利用して借金の総額を借入れ出来ないか検討してみてください。

総量規制に抵触すると、原則はキャッシングに大しての規制になるので、複数社から借入れしていた場合には、新たな貸金業者と契約してのキャッシングは規制対象になるために、年収の1/3を超えない額まで返済を勧めないかぎりは、借金の総額が規制対象になってしまいます。

すでに年収の1/3を超えての借入れがある場合に、何らかの処罰があるわけではなく、信用情報を利用しての貸金業なので、信用情報機関に登録されて、新たな契約が結べなくなるだけです。

信用情報に関しては、自己破産のことを詳しく解説した記事がありますから読んでみてください。自己破産後の生活はかなり厳しい現実が待っていますから、そういった生活を送らないためにも、おまとめローン等をりようして債務を返済しちゃいましょう。

借金(債務)を整理する時・自己破産(破産宣告)手続き後の生活を徹底解説

総量規制の対象収入

総量規制でいう収入とは、主に次に掲げたものをいいます。

  • 給与などのサラリー
  • 年金
  • 恩給
  • 不動産収入
  • 事業収入

以上が貸金業法上の収入にあたるもので、この収入の総額を照明できる書面を提出することで、キャッシングの利用枠を広げることは可能なのですが、複数社からの借入れとはいえ、100万円を超える借入れの時点ですでに何らかの対策を講じるべき額なのに、それ以上は利用限度額を上げることは止めておいたほうが無難です。

ローンをまとめるなら銀行で

オマトメローンという商品の特性上、すでに複数社からの借入れを対象としていますから、悪徳業者と言われる消費者を騙して私服をこやしているような会社もまだまだあるのが現実です。

そこでおすすめするのが銀行によるカードローン(無担保型のフリーローン)なのです。

銀行だから安心

お金を貸し出している金融機関の中でも特に安心なのがやはり銀行でしょう。銀行は資金に余裕のある人からお金を集めて、必要な人に貸し出すのが本務ですから、ノンバンクなどに比べると信用度は桁違いです。

都市銀行・地方銀行・信託銀行などからの借入れを検討してみてください。

キャッシングに比べて低金利である

キャッシングの金利は、15%~18%くらいが一般的でそれより安い金利を提示している金融機関は、まだ良心的なのですが、リボ払いとなると、その金利が毎月の複利としてかかってくるので注意が必要です。

それに対して、銀行系のカードローンは、だいたい実質年利が7%~10%弱が一般的ですから、その金利分だけでもジュースを買ってお釣りが来るほどです。

カードローンは一見すると金利が高い会社もあるように見えますが、あくまでも銀行の決めた限度額一杯での話であって、おまとま系のカードローンは、あくまでも債務全額を返してもらうのが目的ですから、消費者金融からの借入れや、クレジットカードのキャッシングに比べたら遥かに低金利です。

複利とは?

ここはWikipediaが非常に分かりやすいので引用させてもらいます。

複利(ふくり)とは、複利法によって計算された利子のこと。 複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。 したがって、各期の利子が次第に増加していく。 投資や借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる。

複利 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/複利

保証会社がローンをまとめるのに強い銀行を選ぶ

やはりローンという名前が付きますから、信用情報を元に審査があります。

銀行が貸し出す事に対しての保証を行っている保証会社が存在していますから、おまとめ系のローンにつよい保証会社が付いている金融機関を選ぶことで審査が通りやすかったり、逆におまとめに詳しくないところだと、貸付の額が高い傾向にあるローンの一本化では審査が厳しくなったりもします。

まとめ

お金を借りないのが一番なんですが、やはりそこは人間と言いますか、思いがけない週日があるのはしょうがありません。お借り入れはくれぐれも計画的に返済が出来る額を自分で決めて、確実に返済できるものだけを借り入れるようにしてください。

今回の記事は借金を推奨するものではなく、借り入れする際の知識としてしっておうて欲しいところをかいつまんで説明したものになります。

 

スポンサードリンク







-借金

Copyright© 仕事とお金の学校 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.