借金

債務整理で一番一般的で、その後の負担が少ない任意整理を解説

更新日:

自己破産や個人再生をすると、その後の人生に結構な負担がかかってきます。

そこで債務整理方法の中で最も一般的でかつ、その後の負担が少ないオススメの債務を整理する方法である、任意整理を解説していきます。

借金を整理する方法としては、任意整理をはじめ、自己破産、個人再生、特定調停という手続きがあり、手続の名称を総称して債務整理と呼ばれ、借金を合法的に整理する方法として知られています。

任意整理という手続きは、債務整理という借金を整理する手続きの中の1つでしかなく、選択肢はたくさんありますが、その後の生活に最も負担が少ないので、一番オススメな借金の整理方法です。

任意整理とは

任意整理は、基本的に貸金業者への返済自体は継続していく手続きになります。

利息や返済遅延の損害金となどをなくし、借り入れた元本・もしくはそれに近い金額での返済になるため、債権者にとっても受け入れやすい手続きで、手続き前と手続き後では、返済への負担がだいぶ違います。

また、債権者との交渉によっては、長期の分割返済が認められ、毎月の返済負担が大幅に減少する点も、任意整理の特徴といえます。

他の債務整理手続きとは違い、任意整理では裁判所を介する必要がないため、手続き自体も非常にスピーディで、解決までの期間が短いことも特徴です。
さらに、払い過ぎていた利息が手元に戻ってくるという「過払い金請求」を併用することもでき、事情次第では、まったく返済することなく借金を完済できてしまう可能性が十分にあります。

では、任意整理を利用するためには、どのような条件があるのでしょうか?

任意整理の条件

自己破産とは違い、返済自体から免れるための手続きではなく、あくまでも返済を目的とした制度なので、利用するのであればある程度の収入が必須条件です。

定職に就いていればこの条件は問題がないのですが、もし日雇い労働者で、いつ仕事がなくなるか不安な方は、まずは転職エージェントサイトなどに登録をして、正社員を目指しながらの返済をおすすめします。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

また、長期分割返済といっても、一般的な相場は3~5年(36回~60回)での返済とされているため、あまり借金が多いと債権者から断られることもありえます。

では続いて、任意整理のメリット・デメリットについて解説していきます。

任意整理のメリットとデメリット

どの整理方法でも何かしらのメリットやデメリットが有るのですが、一番デメリットが少ないのが任意整理になるので、ポイントをしっかりと抑えておいてください。

任意整理のメリット

任意整理では対象とする貸金業者(債権者)を選択することが可能となっていますので、一部だけ特別扱いもできるという、非常に自由度の高い手続きになっていて、臨機応変に対応できるという点は、まさにメリットといえるでしょう。

さらに、任意整理の手続きを開始すると、すべての返済がいったんストップすることになります

この期間中に返済への準備を整えることができるだけでなく、手続き開始後の生活費の確保と言った、生活していく上での準備をすすめることが出来ます。

貸金業者からの催促の電話や郵便物というのは、借金に悩まされている方にとっては非常に耐えがたい苦痛の1つです。それが任意整理をすることによって、すべて解決することになります。

任意整理のデメリット

新たにローンを組めなくなったり、クレジットカードを所持できなくなったりという不自由さを強いられることになります。

しかし、これらのデメリットはすべての債務整理手続きにて共通となっています。

任意整理では、他の債務整理手続きとは違い、借入が困難になることくらいしかデメリットがありませんから、他の債務整理方法に比べるとデメリットがほぼない状態になりますから、色々なところでおすすめされているのです。

このデメリットについても、捉え方によっては、これ以上借金をしない・浪費癖を治せると、プラス方向に考えることで、逆にメリットに見えてきます。

 

任意整理後の生活はどうなるのか

任意整理をする上で、どうしても気になってしまうのが任意整理後の生活です。

「どのような不利益を被ることになるのか?」、「どの程度周りへの影響があるのか?」と、気になることはたくさんありますが、実際には任意整理をしたからといって、その後の生活への影響はほとんどありませんから、

ただし、デメリットとして挙げた、数年間は新たな借入が困難になってしまう点については、どうしても強いられることになってしまいますが、借金を最短距離で完済しようとすれば、こちらは当然のことですし、上記したようにそれが必ずしもマイナスになるとは限りません。

お買い物については、現金での支払いが基本となってしまいますが、それを除けば生活に影響はほとんどありません。

ちなみに、他の債務整理方法では官報にのることで他の人に知られてしまうことがありますが、任意整理では官報に掲載されないので、そのあたりもメリットの1つと言えるでしょう。

任意整理の手続き後の生活を心配している方が多数いらっしゃいますが、心配はありませんので安心して手続きへと臨んでください。

任意整理成功のためにすること

専門家への相談は必ず検討しましょう。

任意整理という手続きは、なんといっても債権者との交渉が最重要となる手続きです。

というのも、任意整理における返済条件が、債権者との交渉のすえ、合意によって成立する(示談)ことにで、その後の返済が開始されることになります。

よって、より負担の少ない返済条件で合意をするためには、債権者との交渉を有利に進めていく為には、専門化に頼るのが近道です。

個人で任意整理を行おうとした場合、債権者に対して負い目の意識があるため、どうしても対等に交渉をすることができません。

しかし、専門家であれば、負い目の意識なんてものはありませんし、対等どころか知識量が遥かに債権者を上回るため、こちらに有利な条件で合意に至る可能性が十分にあります。

もちろん、普段から交渉を行っている経験豊富な債務整理の専門家であれば、その可能性はさらにはね上がると思います。

任意整理を成功を勝ち取りたいのであれば、個人で無理に手続きするよりも、その道の専門家に力を借りてしまったほうが、成功への道は確実に開けるといえます。

ご自身の現在の状況が本当に任意整理可能かどうか、直接法律の専門家に相談する前にネットの無料シュミレーターを使ってみましょう。
一口に債務整理といっても任意整理、個人再生、自己破産など法的な手段は幾つもあります。

無料診断シュミレータ

街角法律相談所

任意整理の第一歩は専門家への相談

法律の専門家と聞くと、高額な費用を請求されたり、なんだか敷居が高いように感じられたりしてしまいますが、実際にはそんなことはありません。気さくな専門家ばかりとなっていますし、ただでさえ借金に困って相談をしに来ている方に対して、高額な費用を請求するなんてことはしません。

また、無料で相談に乗ってくれる専門家も多数いますし、支払いについても分割にて応じてくれる専門家ばかりなので、イメージしているような心配は必要ありません。

借金問題について解決を図りたいのであれば、まずはプロである専門家に相談をしましょう。

最後に

もし現在任意整理を考えている方で、持ち家の場合には、先に住宅を手放して借金返済にあてることで、交渉を有利に運べることも有りますので、コチラも参考になさってください。

任意売却 一般版

街角法律相談所

その他のおすすめ記事

借金返済が限界!人生をやり直すための具体的な債務整理方を4選

スポンサードリンク







-借金

Copyright© 仕事とお金の学校 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.