借金

借金返済が限界!人生をやり直すための具体的な債務整理方を4選

更新日:

このページは、債務整理をお勧めしているページではなく、債務整理をすると生活が一変してしまい、10年は我慢を強いられることでしょう。

そうならないためにも、債務整理後の生活がどうなるのか?債務整理の手続の大変さを知ることで、きちんと借金を返済して、制約のない生活を送るための手助けが出来たらなぁ、との思いから書き上げました。

借りたら返すのが当たり前です。

どうしても借りなければならないのであれば、返済の計画まで想定した上で借りましょう。

今の借金の金額は幾らぐらいでしょう?借金の金額が100万円・1000万円と積み重なってしまっても、自分で借りてしまった借金はなんとかして返したいと思う気持ちは、誰しも持っていると思います。しかし、毎月の返済日になってもお金が準備できなくて、じわじわと借金の返済が滞ってしまうことも少なくありません。

最初は計画をきちんと立てて返済をしていたつもりが、思いがけない事態に陥って、これまでの返済計画に無理が出てくると、「なんとかして借金を返済する方法を探さないと...」と、気持ちが焦ってしまうことになります。

借金を返済するために新たな借金をするのは、その場しのぎの悪循環でしかありません。借金を借金で返すのは自転車操業ですでに破綻してしまってしまう。

「借金を全て返済してしまいたい」と、思う気持ちは確かに大切だとおもいます。お金を貸してくれた相手に迷惑をかけ過ぎないように、なるべくなら早く借金を完済してしまいたいと思うのは当然です。とはいえ、返済日にお金を準備できない人が完済してスッキリしたいと思っても、中々旨くは事ははこびません。

しかし、稼いだお金をほぼ借金の返済に充ててしまって、趣味や家族のためにお金を使えないような状況であれば、すでに何かしらの解決策を実行しなければいけない時期にきてしまっています。

こんな状況になってしまっても、借金を完済することができますか?

今回は、借金を少しでも減らしていくために効果的な債務整理について、具体的にメリットや手順をお伝えしていきます。

 ①債務整理で減額するのが借金返済のコツ

いまある借金を少しでも減らすことができれば月々の返済も楽になる方への解決方法や、返済どころか生活資金を捻出するのも困難な方、『債務整理』についての概要をお伝えします。

『債務整理』をする事で月々の謝金返済額を減らせたり、借金自体をなかったことにすることもできます。自分にあった債務整理のしかたをすることで借金を完済することができるかもしれません。

裁判所による個人を対象とした民事再生手続きの申し立て件数は、ゆうに20,000件を超えています。

もし最後までしっかりと借金を返済することを目標とするなら、債務整理は無理なく返済できるコツともいえますね。債務整理とはいったいどんな制度なのか詳しく解説していきます。

②債務整理の具体的な方法を4つ

今の借金がどれくらいあって、どんなかたちで返済を進めていけば借金を完済できるか?借金を返済するために複数の会社からお金をかりてしまい、もう返済の目処が立たない方、正直もう生活するのさえ苦しくてどうやって返済していくのかさえ難しい方など、債務者それぞれの経済状況によっても債務整理の方法は違ってきます。

債務整理の種類は4つ

個人再生手続き

個人再生手続きは、裁判所に書類を提出し借金を減額することができる手続きで、減額後のこった借金を原則的に3年間で完済する必要が出てきます。

債務整理の1つ個人再生手続きのメリットとデメリット、手続き方法など

任意整理手続き

任意整理手続きは、裁判所に書類などを提出しなくても借金を減額することができる手続きで、この方法も個人再生手続きと同じように原則3年間で借金を完済することが義務付けられています。

債務整理で一番一般的で、その後の負担が少ない任意整理を解説

特定調停手続き

裁判所に書類を提出し借金を減額できるのが個人再生手続きと似ていますが、特定調停以外の手続きでは弁護士ないし司法書士に依頼して手続きしてもらいますが、特定調停は自分で手続きできるのが特徴で、債務整理の費用をできるだけ安く済ませたい方にお勧めです。こちらの手続きも原則3年間での返済になります。

自己破産手続き

債務整理と聞くとまず頭に浮かぶのがこの自己破産になるかと思います。裁判所に書類を提出して減額できますし、借金全額免除といった免責を受けられるのが1番の特徴になります。もし全額免除が認められれば借金を返済しなくてよくなります。

借金(債務)を整理する時・自己破産(破産宣告)手続き後の生活を徹底解説

いずれの場合でも、必要書類を揃えて手続きを進めようとしたら、弁護士や司法書士の専門知識が必要になってきます。先々のことを考えるとベストな解決方法をとった方が、のちの生活費の負担もかわってきます。このほかにもアディーレ法律事務所のCMでおなじみの過払い請求手続きもありますが、任意整理の類で、法定金利よりも今まで払ってきた金利が高い場合(過払い)に、過払いにあたる部分の金額を変換してもらう手続きがあります。

債務整理を考えているならばまずは、ローンやキャッシング等の借金に強い弁護士・司法書士に相談するのがベストではないでしょうか?また、相談するのにもお金が掛かってしまうので、無料相談ができる法テラス日本弁護士連合会の最寄支部で無料相談窓口もありますから、まずは無料相談をおすすめします。

無理のない返済を目指すなら債務整理は避けて通れない

なんで債務整理が 必要なのか?なぜ債務整理という制度があるのか?

理由としては、憲法でも規定されている生存権があるからです。一個人の生活を再建させて日本国籍を持って日本に在住している日本人の生活を保障するために債務整理という制度が決められました。

多額の借金で「このままいけば生活もままならない」という悩みを抱えた人たちに、債務を整理してもらって借金の負担をへらし、新たに生活環境を改善してもらうための、日本国にという国家による救済措置になります。

誰しも好き好んで借金をするわけではありません。生きていく上で将来起こるであろうこと、すなわち未来を予測することなど不可能なので、今日が大丈夫だからと思っていても明日は大丈夫じゃないかもしれません。

そんな日々の中で借金をしなければ生きていけなかったのであれば、しょうがない借金と言えるのではないでしょうか?

であれば、なおさら債務整理というかたちで過去を清算して未来に向けた債務整理、すなわち生活の再建を目指すべきです。

目指すべきですゴールを債務整理に決めて行動すれば意外とあっさり決まるものです。

債務整理の相談には、借金に強い弁護士や司法書士を探しましょう

借金の返済に困っても中々相談できるあいてはいないと思います。

年間約4000人位の方たちが借金を苦にして自ら命を絶っているという現実があります。悲しいことにこれだけの人数が亡くなっている、この中にも債務整理をしていれば頑張れた方たちも多いはずです。

債務の相談は、自己破産関係に強い法律の専門家に相談する

自分や家族を守るためにも、借金(債務)関連の法律に強い弁護士や司法書士に相談をしてください。

彼らは法律の専門家ですから、その知識を借りて少しでも早く借金の悩みを解決するべく動くべきです。

一人で悩まずに勇気を持って動き始めなければ、いつまで経っても生活基盤を再建することなど叶いません。ネット環境があれば、初回の相談が無料のところを探せば結構でてきますよ。

無料で相談できる弁護士事務所を利用してみる。

ありがたい事に借金返済に困っている方たちのために、無料で相談できる弁護士事務所全国にあります。

普通に生活していれば、弁護士や司法書士の知り合いはあまりいなかと思います。いないのであれば、まずは最寄りの法律事務所を探して相談してみてください。

借金を整理するために相談がしたい

と電話で事情を説明し相談のための予約をしてください、まずはめの一歩です。

電話で予約を取るときに無料相談を実施しているか聞く事も大切です。いがいと多くの弁護士事務所が初回相談無料でサービスしていますから、その場で聞いて費用の面もクリアにしておいてください。

パソコンやスマートフォンで検索するときに無料相談ができる弁護士事務所事務所で検索を掛けて、訪問前に調べてから訪問するのも手ですね。

弁護士事務所費用も用意できない位切迫している場合

法テラスがあります。

法テラスは国が設立した法律の総合案内所で民事関連の法律控除制度を使って設立された、立派な法律の専門家集団です。

法テラスの利点としては、公的機関の補助金を利用して設立されていますから、一般の弁護士事務所や、法律関係の事務所に比べてあっとうてきに費用が安いことが挙げられます。

債務整理の費用をどうしても抑えたい方は先にもご紹介した法テラスに是非相談してみて下さい。

街角法律相談所
任意売却 一般版

このスレッドのまとめ

どうでしたか?一言で債務整理と言っても種類があるのはご理解いただけたかと思いますが、上記の4つの分類のなかで、さらに細かく分類できますが、今回は大分類ということで、大まかに説明しました。

そもそも借金をしなければいいかもしれませんが、どうしても生活していく上でお金を借りなければいけない場面も確かにあります。

クレジットカードやカードローン、キャッシングと種類がありますが、根っこは一緒借金です。無理のない返済計画を立て借りましょう。

このスレッドは、借金を推奨するものではなく、どうしても生活が苦しくて返済計画を立てられない方の救済を目的としたものです。

以上、ここまで読んでいただいてありがとうこざいました。

どうしてもお金を借りなければならない時にはこちらを参考にしてみてください。

スポンサードリンク







-借金

Copyright© 仕事とお金の学校 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.