就職・転職活動

保育士・幼稚園教諭を目指して就職・転職先の選び方 比較ランク

更新日:

保育士を目指して、保育士免許を取得した後には、就活をしなければなりません。しかし、初めての就職活動はみんな何をして良いかわかりません。そんな方たちに、就職先の選び方や、就職している人の体験談、就活サイトのご紹介もしていきますので、是非最後まで読んでください。

昔は保母さん・保父さんと読んでいましたが、現在では男女雇用均等法により一括して保育士と呼ばれる立派な士業であり、国家資格でしかも子供の幼少期発育段階に多大な影響を与えるにもかかわらず、賃金レベルは低い保育園や幼稚園も多く夢半ばであきらめてしまうかたも少なくありません。しかし基本的な働く環境は大体同じでも待遇面で大きく違うのも保育の現場の人は、みな口をそろえていいます。

夢をあきらめないためにも、まずは良い就職・転職のサイトを見つけて少しでも多くの保育園や、幼稚園を見ることで、どの程度の待遇が上位なのかもわかってくると思います。またご自分の子供の育児などで現場から離れてしまっても、またブランクがきになる方たちも最後のほうに就職・転職のサイトをランキング形式で載せてありますから、是非登録して相談してみて下さい。

保育士の就職先の選び方

就職先選びの悪い例

まずはじめに悪い例を知っておいてください

  • 友人知人・学校の先生などの紹介で保育園情報を調べずに決めてしまう
  • 現在住んでいる場所から近いから
  • 給与が他の保育園に比べて高いから

こんな理由で、安易に決めてしまうというのはもったいないです。折角の保育士免許、時間もお金もかけて取得しているのですから、しっかりと時間をかけて自分にあった、長く続けることの出来る保育園を選びましょう。

就職先選びの良い例

今度は、良い例をみていきます

  • 保育園の会社説明会などに参加して園の様子などを見てまわる
  • 保育園のパンフレット等を入手して、運営方針や園の考えを比較する
  • インターンシップ制度などを利用して、実際に見学に行ってみる
  • 保育園のホームページを見て、どんな保育園なのかを見てみる

つまりは、保育園の運営方針やどんな保育をしているか?その保育園で働いている保育したち(就職したときの同僚)の雰囲気などを知っておくことにより、就職後に自分が勤めていけるか?やはり、明るい職場を選びたいものです。

少子化問題が取りざたされて移行、保育士の給料が低すぎるなどと報道される事もしばしば、実際に就職したあとの待遇面も含めて就職活動をしていかないと、あとになって後悔することになります。

特に、ハローワークなどで頻繁に求人募集している保育園などは、人材の入れ替わりが激しい=どこかに問題がある保育園、というのが分かりますから、そのような保育園は除外するためにも、保育士資格を取得してからは、たまにで良いのでハローワークのインターネットサービスを利用したりして、しっかり頭に入れておいた方が今後の為になります。

どんな保育園に就職したいか?

やはり、自分がどのような保育園に勤めたいのか?を明確にして、その保育園の運営方針や、行っている行事などから想定される業務などを想像してみてください。

  • 行事等を沢山行っている保育園は、持ち帰り仕事や残業が多い可能性
  • 市部の繁華街などに位置する保育園は、保育時間が他の園より長いことも
  • 知的教育を打ち出している園では、きっと持ち帰り仕事が多いと思われる

保育士の仕事は、持ち帰り仕事が当たり前、そんな風潮がありますし、実際に持ち帰り仕事をしている保育士も沢山います。はっきり言って持ち帰り仕事を0にすることは出来ないとおもいます。

保育士になる夢を実現しようとしているのですから、しっかりと保育園を選んで、自分にあった就職先を見つけてください。

経験年数15年のベテラン保育士の場合

仕事内容は?

企業内保育園で、主に職員のお子さんを保育する仕事をしています。普通の保育園と違い、親御さんが近くにいますから、その分なにかあった時には、同じ会社内なので色々と噂されることもあるので、そういった面ではストレスになったりします。

仕事のやりがい

とにかく、園児が一人で出来なかったことが出来る様になった時や、親御さんには、申し訳ないのですが『帰りたくない、先生と居る!!』などと園児が言ってくれる時などは、この仕事を選んで本当に良かったと思えます。とにかく、園児たちの笑顔、これさえあれば多少のことは、がまんが出来る気がしますし、家の保育園は、職員や園長もひじょうに中が良く、意見を交換しながら、和気藹々としてとても仲良く仕事ができます。

仕事をしていく上で覚悟しておくこと

知らない方たちからみると、ただ子供と遊んでいれば良いと思われがちですが、とにかく体力勝負な部分や、大切なお子さんを預かっているので、お昼ねタイムいがいは、とにかく気が抜けない。正直、体調が悪いときでも仕事を休むわけにいかない場合などもあったりします。拘束時間や、持ち帰り仕事問題(行事などで使う飾りの製作など)や、社会問題になるほど給料が安かったりします。不満に思う場面も正直多いですが、やはり子供が好きが講じて保育士を選んだ方が多いので、仕事を続けている。という方が多い気がします。

給与・待遇

若い頃は、手取りで10万円台前半、15年の経験があっても現在20万円前半で、年収は300万円前後になります。国立や私立の保育園だと、もう少し給料めんでは、良いかもしれません。国家資格の職種のわりにはかなり安い部類にはいるかと思います。

また、休日も週休2日制度は、ありますが持ち帰り仕事もあるので、休日に作ったりもします。また、交代制で園長保育に対応しているので、どうしても拘束時間がのびてしまいます。

保育士を目指している学生へのメッセージ

たくさんの子供の成長を間近に見ることができ、一緒に遊んだり感動を味わうことが出来る、そてもやりがいのある仕事です。毎日子どもたちと触れ合い、日々の小さな出来事から、大きな出来事までを一緒に感動しながら、めをキラキラさせている子どもたちは、本当にカワイイものです。また、仕事をしていくうちに日々の変化に気づきやすくなったり、若いエネルギーに触れているのか、実際の年齢よりも若く見られたりもします(笑)。子どもたちが卒園する時には、ないて卒園していく子たちもいます。そんな子達がいると、少しぐらいの待遇や、給与のことも忘れるほどの感動が味わえる、そんなすばらしい仕事だと思いますので、是非頑張ってください。

保育士求人サイトの比較

保育士不足に悩んでいる保育園は非常に多く、肝心の保育士さんの労働環境はなかなか改善の兆しが見えてこないのが現状です。

保育園に就職したり、他の保育園への転職をのぞむ保育士さんも非常に多く、保育園の情報・労働環境や労働条件を細かくするために、保育士求人サイトの利用者は年々増えています。

また、結婚や育児を境に、一度保育士を離れた方の中には、求人サイトを利用して短時間勤務での復職を目指すかたも多くいらっしゃいます。

大手保育士求人サイトには、女性が多い職場ならではの悩みや保育園の年間行事のアイデアなど、耳より情報もまんさいです。求人内容だけではなく、さまざまな保育園の情報を知る良い場となっているので、情報収集サイトとしても優秀ですので、是非活用してみてください。

みんな使っているマイナビ保育士




マイナビ保育士は、厚生労働省から認可を受けて35年以上の歴史のある株式会社マイナビが運営する、保育士特化がたの就職・転職サービスです。サポートエリアは、1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)と狭いのですが、求人数は驚愕の約10,000件。さらに非公開求人も多数あります。

マイナビ保育士の強みは、求人数が多いだけではなく、求人の質にも徹底的にこだわっていて、キャリアコンサルタント自らが、担当保育所に足を運んで、直接見学をして、さらに人事担当者や園長先生、現場のスタッフにまで聞き込みをしたうえで掲載しています。

そんなこだわりのサイトはこちらマイナビ保育

知る人ぞ知る保育ひろば




保育ひろばは、株式会社ネオキャリアが運営するサイトで、現在トップクラスの求人数を誇ります。マイナビ保育とちがいこちらは北海道から沖縄まで、全国対応なので就職や転職を考えている方や、たくさんの求人の中から選びたい、という方まで、とにかく登録しておくに越したことはありません。

あた、保育ひろばでは、地域ごとの専任コンサルタントがトップクラスの求人から、さらにピックアップした求人をお届けします。

さらに、サイト利用者満足度94%完全無料でサポートしてもらえます。

そして、サイト経由で就職・転職が成功したらお祝い金として、最大2万円プレゼントもあります。

そんな密着型サイトは、こちら日本トップクラスの求人数!保育の転職は《保育ひろば》へ

全国対応保育士バンク




こちらの保育士バンクも保育士専門の就職サポートサイトになっていて、運営会社は株式会社ネクストビートで、現在約9,000の求人情報を掲載している上に、このサイトだけの限定求人も多数掲載されています。また、専任のコンサルタントによる好条件の求人を、責任をもって紹介しているので、あわせて登録しておくことによって、就職・転職を実現させられます。

無料で利用ができて、登録も1分程度で出来る簡単なものになっていますから、合わせて登録しておきましょう。

公式サイトはこちら保育士バンク

就職・転職した保育士さんの満足度が高いのは

成功させた保育士さんの間で最も評価がたかいのが、やはりマイナビ保育士で、評判が高い理由として、首都圏特化がたゆえの求人情報・質が高いことに由来します。

就職・転職の会社として業界トップクラスのマイナビが運営していることもあって、スタッフの情報収集力やフットワークは信頼がおけます。また、どのサイトにも言えることですが、サイトごとに限定の非公開求人が多数ありますから、関東圏にお住まいのかたは、手始めに登録しておくべきサイトになります。

まとめ

時代が変わったもので、今や、就職・転職活動はインターネットでも出来ます。便利になったのだから、使えるツールはどんどん利用して、ストレスのない人生を目指したいものです。

3社とも、登録しておいて損はないサイトばかりですから、就職・転職をお考えの方たちは是非登録しておいてください。

また、保育士と幼稚園教諭のちがいはご存知ですか?非常にわかりやすいサイトを見つけましたのでリンクしておきます。

保育士資格と幼稚園教諭免許の違い

また保育士は厚生労働省管轄

幼稚園教諭は文部科学省の管轄になります

各省庁や保育士や幼稚園教諭のキャリア形成サイトなどもありますのでまさしく生涯学習の環境は作りやすいです。

 

スポンサードリンク







-就職・転職活動

Copyright© 仕事とお金の学校 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.